反対咬合の外科手術について教えて下さい。

名無し / 20代 / 男性

受け口(反対咬合)

外科手術について、お伺いします。
現在、反対咬合で悩んでおります。

そこで、歯列矯正と外科手術を合わせた治療をされる方もいらっしゃると聞きますが、
どのような場合、外科手術をするのでしょうか?

私は一度レントゲンを撮影したときに右と左の顎の骨の長さが数ミリ右が長いです。と言われました。

この場合は長さの違いが数センチになってしまうと外科手術が必要になってくるのでしょうか?また、数ミリでも手術が必要な場合もあるのでしょうか?

回答

野口正興 ノグチ歯科医院

ノグチ歯科医院(東京都)

野口正興がお答えいたします

反対咬合を治す場合は矯正だけでは無理な症例に外科手術を併用して行います。
簡単に言いますと上顎の歯列弓より下顎が大き過ぎると矯正処置だけでは上手く歯並びや咬み合わせを改善出来ません。

外科手術を行なう場合は、通常手術前後に矯正処置を行います。反対咬合が軽度であれば矯正処置だけで治療可能ですので矯正専門医に相談して下さい。
外科手術を併用して矯正を行なう場合は健康保険診療が可能ですので保険を扱う矯正専門医を受診して相談した方が良いと思います。
美容外科ではすべて自費診療になります。

回答

天野聖志 天野歯科医院

天野歯科医院(東京都)

天野聖志がお答えいたします

実際のお口の中を拝見していませんので、はっきりしたお返事は出来ませんが、一般的には左右の顎の骨の長さの差だけではなく、精密検査によって得られる様々な数値によって、外科手術の適用が決まる事が多いと思います。

回答

米沢武師 米沢歯科クリニック

米沢歯科クリニック(徳島県)

米沢武師がお答えいたします

実際に拝見できないため憶測となってしまうのですがお許しください。

反対咬合(下顎前突)には骨格性、歯槽性、機能性のものがあります。このうち骨格性は下の顎が大きかったり、上の顎が小さかったりした場合になります。
歯槽性は上の歯が内向きに下の歯が外向きに生えた場合になります。機能性のものは上下の歯が当たる角度が悪いため反対に咬むように顎が誘導されたものです。つまり反対咬合は、顎の大きさ、歯の生える角度、咬み方によって生じてしまうものです。

このうち外科的な処置が必要となるのは主に骨格性の反対咬合となります。
ただ、全ての骨格性の反対咬合が外科的処置の対応となるわけではありません。歯の模型やレントゲンでしっかり精査し外科的処置が必要か精査します。

歯槽性や機能性であると通常の矯正治療が適応となります。ただし、機能性を放置しておくと下顎が前に誘導され骨格性になることもあります。

質問者様のように左右差があるといっただけで外科的処置が必要になるということはないと思われます。ただし、しっかり精査した上で上の顎と比較して下の顎が大きかった場合、外科的処置が必要な場合もあると考えられます。
一度矯正専門医によく精査してもらってはいかがでしょうか。

乱文乱筆になってしまい申し訳ありません。

fem.ドクターQ&Aであなたの悩みを解決

関連記事

fem.リサーチ

fem.ドクターQ&A

リサーチランキング

Q&Aランキング