歯ぎしりの噛み合わせ調整

デントくん / 20代 / 男性

歯ぎしり

若干、奥歯、前歯にすり減りがあり、マウスピース前に歯を削る提案を受けました。
しかし、抵抗があり、そのままで調整をしています。
より進んだ噛み合わせ治療ですと、削る、高さを合わせるためのレジン詰めなどのどういった治療になるでしょうか。

回答

米沢武師 米沢歯科クリニック

米沢歯科クリニック(徳島県)

米沢武師がお答えいたします

質問内容だけでは状況が分かりかねますので、はっきりしたことは答えられませんがお許しください。
歯ぎしりで咬耗(歯のすり減り)がある場合、まずマウスピースによる治療を行うことが一般的です。

しかし、審美性や歯の機能を回復するために咬合(噛み合わせの)治療を行うことがあります。
例えば、咬耗が激しく噛み合わせが低くなっている場合、レジン充填(詰め物)やクラウン(被せ物)などの治療で正しい咬合関係を回復させることなどを行います。
また、噛み合わせの一部が強く当たっている場合、顎の動きに干渉する(邪魔する)場合などでは歯を削って噛み合わせの調整をすることがあります。
ただ、ここで気をつけて欲しいことは咬合は非常にデリケートであるということです。歯を削る前には十分な診査が必要だと思います。特に口の中全体の噛み合わせを変える場合には、上下の型と噛み合わせをとり、模型の上で十分診査してから(できれば蝋で最終的な歯の形を作ってから)行うことが望まれると考えます。治療する場合でもマウスピースなど取り外し可能なもので噛み合わせを変えてみて、治療可能と判断してから最終的な詰め物、被せ物を行うことが必要であると考えております。
質問者様がどの程度噛み合わせの治療が必要かはわかりませんが、かかりつけの先生とよく相談してください。

fem.ドクターQ&Aであなたの悩みを解決

関連記事

fem.リサーチ

fem.ドクターQ&A

リサーチランキング

Q&Aランキング