顎関節症は治るのでしょうか?

名無し / 20代 / 女性

顎関節症

3週間前に顎が外れてからずっと左顎が痛く、なかなか治りません。
顎を動かすと左顎の付け根が痛み、口も指2本分しか開かないので日常生活がすごくつらいです…。

近くの歯医者さんに行ったのですが、「顎関節症」との診断でマウスピース治療が有効だと言われました。
ただ、マウスピースを作るためには口を大きく開かないといけないので今はできないとのこと。
痛み止めだけをもらって3日ほど経ったのですが、治る気配がありません。

一生このまま痛みが続いて口を開けないのかと不安です…。
先生、どうしたらいいですか?

回答

藤縄司 ふじなわ歯科クリニック

ふじなわ歯科クリニック(福岡県)

藤縄司がお答えいたします

治療法には、マウスピースだけではなく、咀嚼筋群の運動療法、レーザー治療、最近では浅頚リンパ節マッサージなど、いろいろ方法があります。
まずは、大学病院などで相談されるのが良いかと思います。

回答

太田宅哉 医療法人至善会 太田歯科医院

医療法人至善会 太田歯科医院(長野県)

太田宅哉がお答えいたします

顎関節症は基本的にSelf limitinngつまり自然に治る病気とされています。
この場合長く続くと精神的疾患として薬剤、カウンセリングなどを行い、マウスピースを入れて治療を進めて行くようです。
私個人としては、顎関節症の原因を特定してそれがかみ合わせから来る状態なのか、全身的にくるものか、筋肉の異常緊張か、はたまた精神的疾患か、これらを診断して治療法を選択します。
痛みは一生続く事はないと思いますが、通常、通院時に指2本分くらいしか開かない状態でしたら3本〜3本くらいは開けるようにしてから即日スプリントを装着させます。
このままの場合、ゆっくり痛みが消えていくと思います。
しかし、口が開かない場合は何らかの処置を行わないとそのまま2本分くらいしか開かない事も考えられます。

回答

天野聖志 天野歯科医院

天野歯科医院(東京都)

天野聖志がお答えいたします

実際のお口の中を拝見していませんので、はっきりしたお返事は出来ませんが、文章から察する限り、顎関節に炎症が広がっている可能性がありますので、痛み止めだけではなく、抗生物質も服用すると症状が緩和するかもしれません。

回答

長谷川千尋 はせがわ歯科医院

はせがわ歯科医院(愛知県)

長谷川千尋がお答えいたします

まず、顎が外れた原因は何でしょうか?
お若いので、通常外れることは非常に稀です。顔面頭部の打撲などあったのでしょうか?
外れた後は位置として噛み合わせは戻っていますか?

その辺りが気になりますが、一般論として顎関節症の原因としては、上下噛み合わせのずれ、歯列不正、親知らずなど邪魔な歯がある、寝相、枕、歯ぎしり、日中の噛みしめ癖、食事時の噛み癖、頬杖、片方に負担のかかる運動、管楽器の演奏、姿勢の悪さ…などがあります。
直接的な治療の前に、上記のうち、習癖に属するものを直す必要があります。
左右均等に噛む、頬杖をつかない、うつ伏せ寝しない(出来れば仰向け寝)、枕は低め大きめ柔らかめにする、じっとしているとき上下歯を接触させない、背筋を伸ばす、荷物を片方ばかりで持たない…などです。
一部の方はこれだけで改善することが多いです。
痛み、開口障害については、関節に効く鎮痛剤、筋弛緩剤、マイオモニター(経皮的電気神経刺激)、鍼灸的療法、関節周囲の浸潤麻酔、関節腔内洗浄、手技療法などもあります。
自分で何かするとすれば、顎の後方を軽くマッサージするのも良いです。凝っているはずです。
大雑把に書いているので、それは何?という用語もあると思いますが、マウスピース(専門的にはスプリントといいます)以外のアプローチもいくつもあるということです。
マウスピース(スプリント)的な役割を果たすグッズとして、アクアライザーというものもあります。型取りは不要です。
質問の時点でまだ3日ということですから、まず鎮痛薬で自然に改善するのを少し待つ…のも良いですが、思わしくない場合はスプリントの前に何か次の一手が必要です。
開業医では限界もありますから(私も開業医ですが)、改善が今ひとつの場合は、然るべき口腔外科などを紹介していただく必要もあると思います。

回答

黒岩司 医療法人緑友会 黒岩歯科医院

医療法人緑友会 黒岩歯科医院(長野県)

黒岩司がお答えいたします

顎関節症の疑いがあり、痛みと開口障害があるということで
おつらいですよね。

顎関節症の治療法として、マウスピースによる治療は有効な
治療法の一つです。
前回受診時は、マウスピースの作製ができない状態だったと
推測されますが、どうにか作製しないと改善は見込めないかも
しれません。

マウスピースによる治療の他にも、電気治療やレーザーによる
治療など治療法は多岐に渡ります。
かかりつけ医で対応が難しいようであれば、
口腔外科などの専門機関を紹介してもらったほうが
良いのかもしれません。

担当の先生とよく相談して対応してもらうことを
おすすめします。
ご参考までに。

fem.ドクターQ&Aであなたの悩みを解決

関連記事

fem.リサーチ

fem.ドクターQ&A

リサーチランキング

Q&Aランキング