歯に付けているプラスチックのカバーの色

歯の付け根を何とかしたいさん / 非公開 / 女性

知覚過敏の症状

歯磨きをすると歯の付け根がしみるので、白いプラスチックのカバーみたいなものを歯の付け根につけています。
ですが、そのプラスチックのカバーがしばらくすると茶色く変色してみっともなくなります。プラスチックのカバーもたまに剥がれて、そこから染みたりして痛いです。

保険診療の範囲でこうならないようにするにはどうすればよいでしょうか?

回答

藤縄司 ふじなわ歯科クリニック

ふじなわ歯科クリニック(福岡県)

藤縄司がお答えいたします

文面からの推測ですが、おそらくコンポジットレジンによる充填かと思われます
単なる歯牙への接着ですので、脱離も珍しくはありません
レジンは水分を吸います
水分と同時に、ステイン(色素)も入るので、磨いていないと変色することがあります
但し、磨き過ぎは脱離の原因、もしくはレジンの摩耗にもなりますので、注意して下さい
初期のステイン付着は、研磨だけで奇麗になることもありますので、早めにお手入れをしてもらって下さい

回答

西本克己 木更津きらら歯科

木更津きらら歯科(千葉県)

西本克己がお答えいたします

しみる症状に対する保険診療で出来る治療としては、白い樹脂(プラスチック)でつめる方法かしみ止めの薬を塗るかレーザーを当てることだと思います。
しみ止めの薬よりも白い樹脂をつめる方が効果は持続すると思います。

しかし、歯の付け根がしみてきた原因がわからなければまたすぐに樹脂が外れる可能性が高くなります。
例えば歯磨きの強さが強かったり、寝ている時に食いしばっていたり、日中仕事をしているときに無意識に食いしばっていたりすると歯の付け根の所に力が集中して歯の質が欠ける可能性が高くなります。

かかりつけの歯科医院で、どういった原因でそこが欠けているのかを調べてみることをお勧めします。

fem.ドクターQ&Aであなたの悩みを解決

関連記事

fem.リサーチ

fem.ドクターQ&A

リサーチランキング

Q&Aランキング