食後の歯磨きは何時間後にするのが理想ですか?

しーちゃん / 40代 / 女性

歯磨きの基礎知識

食後すぐには歯磨きしない方がいいと聞きました。
歯磨きは、食後何時間後にやるのが理想でしょうか。

回答

先に結論から申し上げると、問題のない歯であれば食事後にすぐに磨いて大丈夫だと思います。

心配であれば食後に口をゆすぎ、フッ素が入っている歯磨き粉を指で歯に塗り、30分ほど時間をあけてから歯磨きをするとよいでしょう。

以下、その理由を書きます。
歯の表面のエナメル質はリン酸カルシウムという成分です。エナメル質は酸によって溶けます。

歯を溶かす酸が口腔内に出現する理由は2パターンあります。まずは酸性の食べ物。次に虫歯菌が発生させる酸です。

口の中はそもそも弱酸性です。
少しでも酸っぱかったり甘い食べ物や飲み物は酸性です。そのため、食事をする毎に歯は微量ながら溶けているのです。
しかし、唾液の中のリンやカルシウムを吸収して、食事後30分〜1時間ほどで歯の表面は回復していきます。これを「再石灰化」といいます。

また、歯磨きをしなければしないでミュータンス菌という酸を作る菌が活動を始めるため、磨かなければ磨かないで歯が溶ける原因となります。

歯の表面が普段から溶けてボソボソになっている「酸蝕症」という状態でなければ、それほど気をつけることはないのですが、いつも歯を磨く習慣がない方は歯ブラシで脱灰している歯をこすって削ってしまう可能性があります。

そこで、フッ素を使うことが推奨されます。
フッ素は、歯に取り込まれることで酸に対して抵抗力がつき、歯が溶けにくくなります。
また、フッ素が口の中に停滞していると唾液中のリンとカルシウムが歯に吸収しやすくなるため、再石灰化を促します。
冒頭で「指で歯にフッ素を塗り、30分開けましょう」とお伝えしたのはそのためです。

2016年7月に虫歯予防の世界一の先進国である
スウェーデンの王立マルメ大学 う蝕(虫歯)予防学教授のダン・エリクソン先生のセミナーがありました。
彼は「1日に朝晩2回、2センチの長さのフッ素入り歯磨き粉をつけて、2分間ずつ磨き、2時間ほど口をゆすぐのを含めて飲食を控えることが虫歯予防に効果的である」とおっしゃっていました。
「2 2 2 2」と覚えましょう。

薬事法の関係で、歯科医院でしか買えない歯磨き粉や含嗽剤にはフッ素が豊富に含まれています。
担当の先生に使い方や注意事項を確認の上、ご使用ください。

回答

天野聖志 天野歯科医院

天野歯科医院(東京都)

天野聖志がお答えいたします

食後すぐに歯磨きをしない方がよい理由は、お口の中が食後酸性状態になるからと言われていますが、乳歯や歯の質がまだやわらかい子供の歯ではないかぎり、お口の中を水などでゆすいで、お口の中を中和すれば、食後ある程度すぐに磨いても大丈夫と思われます。

fem.ドクターQ&Aであなたの悩みを解決

関連記事

fem.リサーチ

fem.ドクターQ&A

リサーチランキング

Q&Aランキング