矯正治療で埋まった歯

はな / 非公開 / 女性

歯並びの影響

二年ほど矯正治療をしていますが、犬歯の奥の歯が歯茎側に埋まり、見えてる部分がすくない状態になり、噛み合わせがわ悪くなりました。右と左の高さが違う状況ですが、埋まったものをだすことはできないと言われており、他へ転院するか検討しています。方法はあるのでしょうか。

回答

はなさん、はじめまして。
矯正治療はわからないことだらけで不安になりますよね。僕も矯正医になる前に自分の歯の矯正治療をしてもらったので、お気持ちはお察しします。
犬歯の隣奥の歯は小臼歯という歯です。
左右の高さの違いにはいくつか原因があります。
まずは歯肉が盛り上がっており、見た目として歯が短くなっている場合です。ブラケットという歯につける装置は磨きにくく、もともとの歯の長さによっては歯肉に接するギリギリにしかつけられないこともあります。その場合、適切な最近の除去ができないうえに歯ブラシによる歯肉のマッサージ効果も期待できないので歯肉が腫れる歯肉炎となります。その結果、歯が短く見えることがあります。この場合は、装置を除去してから歯ブラシを適切に当てれば数週間で改善します。
もう一つは噛み合わせの関係による場合です。
上の歯は下の歯と、それぞれきちんと当てる必要がありますが、左右の歯の形が違う場合は見え方が微妙に変わることがあります。その場合は歯の形を修正する必要がありますので、矯正治療後にプラスチックの樹脂を貼ったり、セラミックの被せ物などで改善します。
あくまでもお口の中を拝見しなければ正確なことはご説明できませんが、参考になれば幸いです。
他院の専門医に相談する「セカンドオピニオン」は患者さんにとって当然の権利なので、不安であれば別の専門医に相談するのも良いと思います。
ご自愛くださいませ。

fem.ドクターQ&Aであなたの悩みを解決

関連記事

fem.リサーチ

fem.ドクターQ&A

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play