顔の肌荒れによるかゆみと日焼けによるシミを治したい

ケンタロス / 40代 / 女性

シミ・そばかすの対処法

顔の赤み、かゆみが以前からあり、長年のストレスです。
仕事をいているため、人前に出ることが憂鬱です。
若いころからニキビ肌で、間違った洗顔方法をしていたのが原因か、今は毛穴が開きっぱなしの状態です。
そのうえ、頬やフェイスラインにぽつぽつと赤い吹き出物が常に現れます。
時々、頬やこめかみの辺りに、赤くかゆみのあるものができ、とにかくかゆいです。
数時間たつと、かゆみやその赤みが引いてることもありますが、赤くかゆみがある発疹はよくできます。
肌荒れは、春先がとくに症状がひどく、皮膚科も受診しましたが、ステロイド剤を処方される程度で、改善しません。
医師からは「毛穴の炎症」と言われました。
化粧品もいろいろと試してきましたが、常に肌荒れがあるため、どれが自分に合っているかわからないです。
なかなか保湿が出来ていない状態なのでしょうか。
10年ほど前からシミも増え、対策もしているつもりですが、日によって頬のシミが濃くなることもあります。
女性ホルモンの関係もあるんでしょうか。生理の周期は長い方です。
本当に顔の肌のことがストレスで憂鬱です。とにかく、肌荒れ、赤み、かゆみをなくしたいです。

回答

森本亜玲 慶友形成クリニック

慶友形成クリニック(東京都)

森本亜玲がお答えいたします

肌荒れなどいろいろとお悩みが大きいようで、やはり信頼できる皮膚科専門医を定期的に受診して、その都度肌の状況を診断していただくのがよいと思います。

回答

佐々木喜教 水沢みなみ皮フ科

水沢みなみ皮フ科(岩手県)

佐々木喜教がお答えいたします

女性のお顔の赤み、かゆみで悩まれている方は多くおられますので、ご安心ください。
かゆみは湿疹「=皮膚の炎症」が生じていることで起こりますし、吹きでものは「毛穴の炎症」とご説明を受けたとおり、ニキビの状態と考えられます。
また、濃さが変動し、紫外線や女性ホルモンとの関係も指摘されているシミとしては、
肝斑の可能性はいかがでしょうか?

これらが混在した状態と想像されますが、このような場合、皮膚科医が着目するポイントとして、

・今までの治療歴は?
・アトピー性皮膚炎の素因はないか? 
・花粉が飛散する季節など、お顔のかゆみが悪くなる季節性はないか?
・スキンケアで、お顔の皮脂の分泌の多いところに、保湿が過度になっていないか?
・洗顔やメイク落しの際に、「しっかりと」洗い過ぎていないか?摩擦の影響は?
・基礎化粧品を含め、使用している製品に接触アレルギーを起こしていないか?

が挙げられ、それらを総合的に分析して、解決法を探っていきます。

今回の場合、ご自身のお肌の背景や、生活習慣、スキンケア法の中に解決の糸口があることもありますので、専門医に御相談いただきたいと思います。

貴方にとって大きなストレスとなっているお肌のお悩みが一日も早く解決しますように。

fem.ドクターQ&Aであなたの悩みを解決

関連記事

fem.リサーチ

fem.ドクターQ&A

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play