夏場のアトピー性皮膚炎の痒み

kiyo / 非公開 / 女性

アトピー性皮膚炎の対処法

夏になり、汗をかくようになり、胸と胸の下、お腹と背中、足の辺りを痒くなり、たくさんかいての繰り返しになっています。色素沈着もおき、痒くてたまりません。どうしたらよいですか?

回答

森本亜玲 慶友形成クリニック

慶友形成クリニック(東京都)

森本亜玲がお答えいたします

夏場は 汗や暑さによりもともとのアトピー性皮膚炎が悪化してしまう方も多くみられますね。お辛いと思います。
アトピー性皮膚炎の方は 全体的に皮膚のバリア機能が低下してしまっているために 汗をかくことにより そこに付着するほこりなどの刺激もあり、悪化してしまうこともあると思われます。

汗をかくこと自体は悪いことではないですが 帰宅後きれいに洗い流すなどはされるとよいと思います。そして その後はしっかりと保湿ケアで肌のバリアを守ってあげることをされるとよいと思います。
皮膚炎が悪化する前にしっかりと皮膚科の主治医を相談しながら外用薬などでの対応をすることはとても大切です。

繰り返してしまうと色素沈着も治りにくくなってしまいますので 早めの相談が大切だとは思います。なるべくよい皮膚状態を保つためにも 定期的に診てもらえる主治医を決めておくとよいとは思います。

回答

汗のたまる首や胸の下などは特にかゆみが出てきてしまいますよね。また、掻くことでも皮疹が広がってしまい悪循環になってしまう可能性があります。
内服薬等併用すると良いかもしれません。早めの皮膚科受診をおすすめします。
生活面では、ゆるやかな締め付けない衣類を着たり、石鹸でのごしごし洗いを控えたり、入浴せずシャワーのみにしたりすると良いかと思います。

fem.ドクターQ&Aであなたの悩みを解決

関連記事

fem.リサーチ

fem.ドクターQ&A

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play