歯の矯正をすると老けると聞きましたが、そんなことはありますか?

名無し / 20代 / 女性

歯列矯正の基礎知識

歯の矯正をすると、頬がこけて老けたという話を聞くのですが、そんなことはあるのでしょうか?

回答

三橋まさみ 木更津きらら歯科

木更津きらら歯科(千葉県)

三橋まさみがお答えいたします

矯正によって頬がこける、ほうれい線が目立つようになると心配される方はまれにいらっしゃいます。

矯正が原因でそのようになると考える歯科医は少ないようです。

まず、矯正治療には長期の治療期間がかかります。そのため加齢によりほうれい線が、はっきりしてくる傾向があります。

また、口元が突出していて、前歯を舌側移動させるような矯正治療をおこなった場合には、口元や頬などの軟組織に変化が発生する場合があります。
元々ほうれい線の原因は口の周りの筋肉が弱いことです。
口元が出ている場合、筋力が弱くても皮膚はたるみにくいです。

それが矯正治療をおこなった場合には、口元や頬がたるむようになると考えられます。
この場合、治療中から自分で口輪筋を鍛えるようトレーニングをすることで防止できると思います。

回答

こんにちは、歯科医師の櫻井です。

矯正治療中は、噛み合わせが変わってくる影響で一時的に噛みにくくなり、口の周りの筋力が落ちることがあります。筋力が落ちると痩せたり頬がこけたように見えますが、矯正が終わると大抵は元に戻りますので、心配しなくても大丈夫ですよ。

回答

石川基 スウェーデン矯正歯科

スウェーデン矯正歯科(東京都)

石川基がお答えいたします

もし、矯正治療中にダイエットなどをして、体重が著しく減少した場合には、頬がこけてしまうことがあるかも知れませんが、矯正治療単独によって頬がこけてしまうというのは、あまり聞いたことがありません。

しかし、不適切な矯正治療によって、唇が後ろに引っこんでしまい、老人の様な横顔(魔女様顔貌)になることがあります。

矯正治療は、顔貌の変化を生む場合がありますので、治療する歯科医師や医院選びは慎重に行って頂きたいと思います。

fem.ドクターQ&Aであなたの悩みを解決

関連記事

fem.リサーチ

fem.ドクターQ&A

リサーチランキング

Q&Aランキング