歯石取りは定期的にやった方がいいの?

かうぶんた / 30代 / 男性

歯磨き(プラークコントロール)その他

こんにちは。歯石は取った方が良いとよく聞きますが、30代になるまで歯石除去をやったことがありませんでした。
しかし去年、虫歯が見つかったことがきっかけで初めて歯石除去をしてもらいました。
そしたらそれが痛くて、血がいっぱい出たので怖くなってしまいました。またそれ以来、歯と歯の隙間が広がったようで食後によくものが挟まるようになりました。それが嫌で歯科の定期検診・歯石除去をサボってしまいました。

質問は、歯石を取るときに出血するのは誰でもなることですか?
長年放置したツケで頑固な歯石になってしまっていたからですか?
それとも、当たった歯科助手さんが下手だったからですか?

また、歯石が付きにくい歯磨き法や食習慣など日々できることで歯石化をなるべく防げたらうれしいのですが、何か方策はありませんか。

最後に、歯石を放置しておくとどんな未来が待っているか聞くのも怖いですがぜひ教えてください。

回答

藤縄司 ふじなわ歯科クリニック

ふじなわ歯科クリニック(福岡県)

藤縄司がお答えいたします

歯石が歯肉の中に進行していくと、血液成分を含み、黒く硬くなっていきます。

この場合、歯石だけでなく、壊死セメント質(セメント質…歯の根っこの表面を覆っている組織)や、歯肉溝(歯と歯ぐきのあいだ)内の感染した粘膜も掻爬([そうは]…セメント質に付着した汚れなどを掻き出すこと)の対象になりますので、出血はやむを得ません。

歯肉の中に入り込む前に除去すれば、出血もおさえられます。
長年放置したものは、硬く、また深いところまで入り込んでいます。
外科的に、歯茎をめくって取らなければならないことも多々あるのです。

歯石は歯垢が石灰化して硬くなったものですから、やわらかい歯垢の段階で除去するしか方法はありません。
正しいブラッシング方法をレクチャーしてもらってください。

歯石を放置すれば、歯を支えている歯槽骨の消失に繋がりますので、未来は入れ歯になる可能性があります。

余談ですが、歯科助手は歯石をとる資格はありません。
取れるのは、ドクターと歯科衛生士です。
どちらもプロなのでご安心を…。

回答

中村達哉 大和駅前歯科

大和駅前歯科(神奈川県)

中村達哉がお答えいたします

ご質問ありがとうございます。
歯石を除去する場合、少なからず出血はすると思います。歯石の付着状態、歯石をどの程度放置してしまったかなど、口の中の状態によって変わってくると思います。

プラーク、歯石などは細菌のかたまりです。歯石が長い間放置されていた場合は、周りの歯茎は細菌に侵されて炎症を起こしてしまいます。歯茎が炎症を起こしていると歯磨きをしているときに歯茎から血が出てきます。

皆さん、歯磨きをサボった時などに血が出てくることは経験あると思います。定期的に歯医者さんでのクリーニングを行っていない方は、歯茎に炎症を起こしている場合が多いため、定期的に歯のクリーニングを受けている方に比べると出血はしやすいです。

次に当たった歯科助手さんが下手だったからか?との質問ですが、歯科助手さんは患者さんのお口の中を触ることはできません。歯科医院で、歯のクリーニングを行うことができるのは歯科医師と歯科衛生士のみです。

下手だったから痛みがあったのかどうかですが、しっかりと歯石を除去しようとすると歯茎が炎症している限り、少なからず痛みをともなうと思います。

歯のクリーニング時、出血、痛みをともなわないように定期的に歯科医院でのクリーニングをおすすめします。

最後に、一番重要なのが日々のプラークコントロールです。
硬い歯石になってしまうとご自身で除去することができなくなるため、プラークが歯石になってしまう前にしっかりプラークを除去することが重要です。

歯石を長い間放置していると、最悪、歯が抜け落ちてしまいます。楽しく笑ったり、食事をしたりするためにお口の中をしっかりケアしていきましょう。

fem.ドクターQ&Aであなたの悩みを解決

関連記事

fem.リサーチ

fem.ドクターQ&A

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play